営業業務部・品質管理責任者

■技術的な優位性を持つ当社
営業部・品質管理責任者、入社3年目。この会社の技術的な特徴は、丸モノの樹脂加工に特化した旋盤加工にあります。そんな会社は関西ではほとんどないように思います。そういう意味では技術的な優位性を持っています。
■メーカーさんの笑顔を見るのが何よりも楽しみ
メーカーさんの難しいオーダーにも数々応えてきた自信と自負があります。ただ、製造責任者としての責任は重いですね。ちょっとでも低きに流れたり、まあいいかと思うと、一瞬にして信用を失いかねません。その意味では大変ですが、試作品で「よくやってくれました」というメーカーさんの笑顔を見るのが何よりも楽しみです。やりがいがあります。
■謙虚に外部の情報に敏感になる
モットーしていることは、積極的に外に出ることですね。「井の中の蛙、大海を知らず」にならないように、謙虚に外部の情報に敏感になるようこころがけています。
■若い人たちこそ、モノづくりにチャレンジを
若い人たちこそ、ぜひ「モノづくり」にチャレンジしてほしいですね。あきらめないで続けると、これほど面白いことはありませんよ。


製造部長

■入社して製造業のイメージが一新
入社8年目。現在、製造部長。はじめは製造業に対する偏見が正直言ってありました。ラインで大量生産するイメージです。それが入社して見て、ビックリするほどイメージが一新しました。この会社は、メーカーさんのオーダーに応える試作品から始めるので、ひとつひとつの製品が異なります。簡単にできるものは少なく、工夫と技術の研鑽が常に問われます。難しいことも多く、逆にそれがやる気を支えてくれます。
■今やりたいことは、自社ブランドの製品開発
今後やりたいのは、試作品づくりで培ったノウハウを活かして、自社ブランドの商品を市場に出せればと考えています。実際、設計図面を作成し、試作品をいくつか生み出しています。市場に出せるまでは、まだまだいくつかハードルを超えなければなりませんが、楽しみながら仕事ができています。
■「やめる理由を見つける前に、続ける理由を見つけ出せ」
これから新社会人として、スタートする方には、これだけは言いたいですね。何かしら不満があると直ぐ投げ出すひとがいますが、その前に「やめる理由を見つけるより、続ける理由を見つけ出せ」と言いたいですね。続けることは大きな力にきっとなります。

製造第2グループスタッフ

■新しいスキルを学びたいが入社動機
製造部第2グループ、3年目、30歳。以前も製造業に従事。入社の動機は、3Dプリンターなど新しいスキルを学びたいから。当社は新しい機械や機器を積極的に導入するので、新しい加工技術を学ぶことができるのがうれしい。それが他社とちがうところだとおもいます
■任せてもらえることで、モチベーションアップ
一人一人が責任を持ってやるように仕事を任してもらえるので、しんどいこともありますが、やる気が自然と出ます。加工技術は、じぶんで工夫すれば、いろいろ可能性が広がります。むずかしいテーマほど、意欲が出ますね。
■やっぱり自社の製品開発を
今後やってみたいことは、やはり自社の製品開発になります。会社全体がそういう方向をめざしていると思うので、チャンスがあれば、ぜひ一員として力を発揮したいですね。
■失敗をおそれず、一緒にやろう
新社会人にもし言うことがあるとすれば、「失敗をおそれず、楽しく、かつ新しいことを一緒にやろう」と。もし一緒にやれるなら、やろうよと言いたいですね。

製造部 旋盤加工担当

■一点一点試作品を作ることは、自分にはあっている
旋盤加工担当。4年目28歳。専門学校でCADや家具デザインを学びました。最初は畑ちがいかもと思いましたが、量産品を作るのではなく、一点一点試作品を作るので、自分にはあっているように思います
■マシニングにトライしたい
今後は、旋盤加工だけではなく、多様な加工を行うマシニングもトライしてみたいですね。技術力が求められますが。レベルアップしてそれを目標にしています。
■図面を100パーセント以上製品化することが勝負
とにかく図面を何度も見るようこころがけています。図面に表現されたものを100パーセント以上実現する加工ができるか。それが勝負だと思っています
■持続は力なり
新社会人には、昔から良く言われることですが、3年は仕事を続けてほしいですね。持続すれば、おのずと力がつき、その時、まったくちがう視野が広がると思います。私がそうであったように。

製造部 旋盤加工担当

■入社動機は、本当のモノづくりがしたいから
旋盤加工担当。4年目、28歳。実は、大阪商工会議所の中小企業モノづくりの広報関係の仕事で、編集デザインなどをやっていましたが、本当のモノづくりがしたいと、この会社に転身しました。
■入社モノづくりはプロセスが一番重要
ライン生産ではなく、オリジナルの試作品製造なので、その意味では面白いです。ちがう畑から来ましたので、1年目はただ技術を覚えるだけでせいいっぱい。2年目はその精度を上げること、3年目は効率も含めてさらに質を高めることに留意してきました。モノづくりはプロセスが一番重要だと思います。さらに次は難しい加工にトライしてみたいと、限度がないのがモノづくりの醍醐味です。
■中堅クラスとして、牽引できるように
私はまだまだの段階ですが、早く中堅クラスと言われ、若手を引っ張っていけるようになりたいですね。というのは若いスタッフが多いので、ベテラン技術者の負担をできるだけ軽くするのも、僕らの仕事だと考えています。
■未経験でもやる気があれば
もし当社に入社したい人がいれば、未経験からスタートして、何も恐れずに飛び込んで欲しいと思います。やる気があれば、これほど面白い世界はないですよ。

一般事務

■子育てと仕事の両立
一般事務、2年目。小学2年生、幼稚園の二児の母親。子育てしながら仕事にも従事したいことが入社のきっかけです。
■こんな所で当社の製品がー
会社の事業は部品製造ですが、最終製品として、こんなところに活かされているの知って、それから業務に対する興味が湧きました。家庭と仕事の両立は大変ですが、それも生きがいになっています。
■まず先輩とのコミュニケーションを
これから社会人になる人は、先輩とのコミュニケーションが大切です。分からないことは、はっきりたずねること。そこから何かが始まりますよ。 そのうち聞けなくなりますから。